銀歯を使わない歯科医院です!

当院は、むし歯治療に銀歯は使わず、白くキレイに機能的に直します。

銀歯の場合は、健康な歯を余分に削らなければならなかったり、わずかな隙間から虫歯が再発しやすく、見た目も治療跡があからさまに目立ちます。
しかし、むし歯跡を白く修復する(コンポジットレジンといいます)と歯の侵襲を最小限におさえられ、歯との密着性が高く、虫歯予防効果があり機能的です。さらに一目瞭然!治療跡がキレイで、ほとんど治療跡がわかりません。
もちろん、現在銀歯の方も、金属と虫歯をすべて取り除いて白く健康的で自然な歯を取り戻すことができます。

「出来るだけ、削らない麻酔をかけない」患者さんの身体にやさしい治療を心がけています。

歯は削ることで確実に寿命が短くなります。
そして悪くなるとまた削らなくてはいけなくなります。
そのようなメリットとデメリットを治療をする前に患者さんによく説明してから治療をはじめます。

過去に銀歯(インレー)による治療
c1

↓

保険内・レジン充填(じゅうてん)治療
c6

↓

自由診療・オールセラミッククラウン治療
c12


 参考資料:hahaha掲載記事大きく表示

保険内で白い歯に!(レジン充填(じゅうてん)治療)

むし歯の中でも比較的軽いむし歯や、そのむし歯に銀の詰め物をした部分に歯と同じ色の白い詰め物(レジン)を詰める治療です。

  1. 状態に応じて麻酔をかける時もあります。
  2. 銀の詰め物をはずし、滅菌します。(むし歯の部分を削ります)
  3. ボンディングという接着剤を削った部分にぬります。
  4. 歯と同じ色の白い詰め物(レジン)を注入器や専用のヘラで削ったところに詰めます。
  5. 光照射機で光を当てて詰め物(レジン)を固めます。
  6. 詰め物(レジン)を研磨して、かみ合わせの調整をして治療完了
  • トータルの治療時間は30分程度です。
  • 治療回数は1回ですみます。治療後に食事も可能です。

自由診療で白い歯に(オールセラミッククラウン治療)

銀の被せものを白い被せものにするには、自由診療(保険外)になります。

ホワイトニングでわずかに黄ばんだ歯を白くして
その後は、定期的にお口の中をクリーニングして
お口の中の健康を保っていきましょう。